【合格解説】ITサービスマネージャのススメ

情報処理技術者試験・ITサービスマネージャに合格するなら、みんなが活用するこのページ!

PREV | NEXT

ITサービスマネージャとは

関連記事
● この資格のメリット(必読!)
● この資格の難易度
● 出題範囲・合格基準


◆ 情報処理技術者試験の一つ

情報処理技術者試験とは、経済産業省が情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA)が主催しています。

◆ 対象者

情報システム全体の安定稼働を確保し、障害発生時においては被害の最小化を図る立場の人。また、継続的な改善、品質管理など、安全性と信頼性の高いサービスの提供を行う人を対象としています。
情報システムは、戦略、構築、移行、運用、改善といったライフサイクルをうまく回していく必要があります。これらを全体的に見渡し、責任を持ってITサービスを提供していく管理者の知識・経験・技能が問われる試験となります。

◆ 位置づけ

共通キャリア・フレームワークのレベル4に位置づけられます。



レベル1のITパスポート試験
レベル2の基本情報技術者試験
レベル3の応用情報技術者試験
こうした試験の上位資格に位置し、高度かつ専門的な知識・技能が問われます。

◆ 期待される技術水準

IT サービスマネージャの業務と役割を円滑に遂行するため,次の知識・実践能力が要求されるます。
① サービスマネジメントの意義と目的を理解し,サービスマネジメントシステムを確立及び改善することによって,IT サービスを提供できる。
② システムの運行管理,障害時運用方式,性能管理,構成管理を実施することができる。システムの運用管理に必要な障害管理,構成管理,課金管理,パフォーマンス管理などの管理技術をもち,情報システム基盤の品質を維持できる。
③ IT サービスの改善策を立案・実施し,評価するとともに,品質の高いサービスレポートを顧客に報告できる。
④ 実効性の高い情報セキュリティ対策を実施するために必要な知識・技術をもち,情報セキュリティの運用・管理ができる。
⑤ 導入済み又は導入予定のハードウェア,ソフトウェアについて,安定稼働を目的に,導入,セットアップ,機能の維持・拡張,障害修復ができる。また,データセンタ施設の安全管理関連知識をもち,ファシリティマネジメントを遂行できる。

◆ 試験の実施時期・受験料

毎年10月の第3日曜日に実施されます。ITサービスマネージャは、秋期試験となります。
7月上旬から8月中旬に試験の申し込みを行う必要があります。
申し込みは、インターネットで行うか、全国の有名書店などで配布している願書を郵送で提出します。

受験料は一律5,700円(消費税込)です。

◆ 合格証書の交付

経済産業大臣から、情報処理技術者試験合格証書が交付されます。


関連記事
● この資格のメリット(必読!)
● この資格の難易度
● 出題範囲・合格基準

| ITサービスマネージャとは | TOP↑

PREV | NEXT

テンプレート提供 Powered by FC2BLOG